2017年9月27日水曜日

自然農法 61

9月25日(月)


枝豆(錦秋)の収穫をしました。

先日21日に続いて2回目です。

バケツに1杯取れました。


前回は土地の人とたまたま家に来ていた知り合いにも渡しました。

今日は、畑の隣家3軒に配りました。

残りは、たね取り用にします。

錦秋エダマメ畝


バケツ1杯のエダマメ

畑ではあと、えんれい大豆と茶豆、黒大豆が育っています。

えんれい大豆もそろそろ収穫どきです。


えんれい大豆畝


茶豆は少し茶色っぽくなってからがいいみたいです。

茶豆畝


黒大豆は育った株が少ないので、種が取れればいいかな、と思います。


ときわ地這いきゅうりの種をとって乾燥させていました。


ときわ地ばいきゅうりの種

100均のビンに収めて、「ありがとう、また来年ね。」ということで安置します。


ビンに入れて保存


相模半白きゅうりの種取りです。


ビニール袋に入れて1週間くらい置いていたのを洗って乾かします。


ざるで洗いゼリーを落とします。




水切りネットに入れて乾かします。



自然農法の大きな目的の1つに種取りがあります。


種を取って次に繋げていくとても重要な作業になります。
来年が楽しみですね。

0 件のコメント:

自然農法 63

11月13日(月) 久々のブログ更新となります。 今は大豆の収穫(種取り)をしています。 やってみて分かったことは、種取りの時期が難しいことです。 振ってみて鞘の中がカラカラと音がするのが目安ですが、早すぎるとまだ種になっていなかったり、遅すぎると種にカビが生...