2017年6月6日火曜日

自然農法㊳  エリアNの緑肥刈り

6月5日(月)


セスバニア、クロタラリア、ソルゴー の緑肥MIXを蒔き、生えている緑肥たちをカットします。


セスバニアは「まめぞう」という根粒菌を付け、各1kgづつ混ぜてまきました。


今回使用した緑肥


ライ麦ですが、約180㎝に成長しました。


ライ麦



えん麦も穂が垂れています


イタリアンライグラス


何とか、刈り終えました。


久々にエリアNの全貌が見えました


蒔いた緑肥が育つまでこのままにしときます。



梅雨入りまでになんとか刈り終えることができ、エリアNはひとまず安心です。







0 件のコメント:

自然農法 63

11月13日(月) 久々のブログ更新となります。 今は大豆の収穫(種取り)をしています。 やってみて分かったことは、種取りの時期が難しいことです。 振ってみて鞘の中がカラカラと音がするのが目安ですが、早すぎるとまだ種になっていなかったり、遅すぎると種にカビが生...