自然農法㉒

2月10日(金)

今年最初の野良仕事は、米ぬかを撒きました。


米ぬかを撒く理由は土壌生物を導入するため、そのエサとするためです。
米ぬかを使用する事は自然農法としてどうかと思いましたが、

●米ぬかは米の産物であること。

●田んぼから畑へ転換する時点でのみ使用する、畑としてできた後は使用しない。

●そのまま使用し発酵させたボカシ等は使用しない。

ことを原則として使用可としました。

もちろん、化学肥料や牛糞・鶏糞などの類いは使いません。


どこかもらえるところがないかと農協に電話すると、カントリーならあるかもしれないと教えていただきました。

何箇所かあたり「30kgが4袋残っている、無料で。」というところがあり早速、もらいに行きました。


今年畝立てする予定のエリアNに撒きました。


蒔いた後のエリアN



こんな感じ。


約2時間ぐらいで全120kgを撒き終え、やれやれといった感じです。

量的に多いのか少ないのか分かりませんが、とにかく蒔き終えました。


来週の火曜日以降であれば新しい米ぬかができると言う事だったので、また、もらってきて今度はエリアSの予定です。

コメント

このブログの人気の投稿

moto x playを1か月使った感想

自然濃法⑯

moto x play 開封の義